価格・スピード・品質・保証 すべてに自信あり!アンテナ工事のプロ集団【地デジやドットコム】

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金/無料相談受付

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金
価格・スピード・品質・保証全てに自信あり!

青葉区のアンテナ工事の費用相場・業者選びのコツ

神奈川県横浜市青葉区の地デジアンテナ工事相場

神奈川県横浜市青葉区は人口約31.1万で世帯数約13万、街中に緑が多く暮らしやすい地域です。

そんな横浜市青葉区の世帯でテレビ放送を受信するときには、今や地デジアンテナは必須です。

そこで地デジアンテナの新設工事をする時の費用をまとめてみました。
地デジアンテナ工事の費用は、業者やアンテナの種類によって異なります。代表的な八木式アンテナやデザインアンテナ工事の費用相場は次のとおりです。

・八木式アンテナ設置工事:30,000円〜
・八木式アンテナとBS/CSアンテナ設置工事:50,000円〜
・デザインアンテナ設置工事:35,000円〜
・デザインアンテナとBS/CSアンテナ設置工事:55,000円〜
・地デジアンテナと4K/8Kアンテナ設置工事:70,000円〜

「アンテナ工事費用ってこんなに高いの?」と思うかもしれません。しかし、これらの費用はブースターや分配器など、テレビ視聴に必要な機器代を含んだものです。機器を含まない場合は、もう少し安く抑えることができます。

神奈川県横浜市青葉区を工事対象エリアにしている業者はたくさんあります。以下は、主なアンテナ業者の工事費用です。

  • 地デジやドットコム:15,000円〜
  • みずほアンテナ:15,000円〜
  • SAMURAI:15,000円〜
  • ハイファイブ:15,000円〜
  • 電翔:16,800円〜

アンテナ業者によって、工事内容は異なりますが、概ね15,000円〜25,000円程度が相場になります。ただし、同じ業者でも設置するアンテナの種類や工事内容で金額が変わるため注意が必要です。

たとえば、地デジやドットコムの場合は、15,000円〜工事ができますが、デザインアンテナだと20,000円〜かかります。業者を選ぶ際は、希望する工事内容の費用を必ず確認するようにしてください。

横浜市青葉区で地デジ工事をすると見ることができるチャンネル

地域によって、視聴できる地デジチャンネルは異なります。全国ネットは多くのエリアで視聴できますが、地方局のチャンネルはそのエリアでしか視聴できないのが一般的です。横浜市青葉区で地デジ工事をした場合は、次のチャンネルを見ることができます。

  • 1ch:総合
  • 2ch:教育
  • 3ch:TVK
  • 4ch:NTV
  • 5ch:テレ朝
  • 6ch:TBS
  • 7ch:テレ東
  • 8ch:フジテレビ

このように、地デジ工事をすれば最大8チャンネルの視聴が可能です。

横浜市青葉区で○○チャンネルは見ることができる?

全国放送のチャンネルがある一方で、以下のような地方のチャンネルもあります。

  • 東日本放送
  • 仙台放送
  • 群馬テレビ
  • 山形放送
  • 静岡放送
  • 南海放送
  • 山陰放送
  • 山陽放送
  • 広島テレビ放送
  • 福岡放送
  • テレビ西日本
  • 沖縄テレビ放送
  • 琉球放送

沖縄に住んでいる人が山形のチャンネルを視聴したり、福岡に住んでる人が群馬のローカルチャンネルを見ることはできるのでしょうか。

住んでいるエリアと視聴したい局があるエリアが近い場合は、視聴できることもあります。しかし、基本的には他のエリアの地方チャンネルを見ることはできません。

どうしても他エリアのチャンネルを見たい場合は、オンデマンドをはじめとした有料動画配信サービスやYouTubeなどを利用しましょう。そうすれば、地方エリアの番組でも視聴が可能です。

横浜市青葉区で地デジ工事をする時におすすめのアンテナ

地デジアンテナには、さまざまな種類があります。どのような種類のアンテナがあり、どんな特徴なのか事前に確認をしておくことが必要です。そうすることで、希望条件に合ったアンテナを選ぶことができます。

以下は、主なアンテナの種類と特徴です。

八木式アンテナ

八木式アンテナは、昔ながらのアンテナです。形状が魚の骨のようになっており、VHFアンテナとも呼ばれています。八木式アンテナの特徴は、電波受信の信頼度が高い上に、価格が安いことです。ただし、デザイン性が優れているわけではないため、スタイリッシュな家の外観には合わない可能性があります。

八木式アンテナでは、UA20 DXアンテナなどの製品がおすすめです。価格は2,000円〜3,000円と安く、品質が優れているため、多くのアンテナ業者でも用いられています。屋根上の設置など、設置場所はある程度制限されますが、信頼性の高いアンテナを求めている方に喜ばれるでしょう。

デザインアンテナ

デザインアンテナは、デザイン性を重視したアンテナです。箱型のスタイリッシュなデザインでカラーバリエーションが豊富な製品も販売されています。一見するとアンテナとはわからないため、オシャレな家の外観にもマッチしやすいのが特徴です。ただし、八木式アンテナよりも価格は高く、電波の受信感度は劣ることが多いです。

デザインアンテナでおすすめなのが、DXアンテナ UAH261です。DXアンテナ社が発売しているUAH261シリーズは、人気があります。価格は6,000円程度で、スッキリとしたデザインが特徴です。屋根裏や壁面に固定するだけなので、使い勝手が良いおもUAH261シリーズの利点になります。ただし、八木式アンテナのように指向性がないので、電波が弱いエリアでは不向きです。

室内用小型地デジアンテナ

八木式アンテナやデザインアンテナのように、外に設置する必要がないのが室内用小型地デジアンテナの特徴です。屋内に設置をするだけで、地デジの視聴環境が整います。ただし、電波の受信感度が弱いため、電波が強いエリアでないと、視聴に影響が出る可能性があります。

横浜市青葉区で地デジ工事を依頼する時のポイント

横浜市青葉区で地デジ工事をする場合は、複数業者を比較して依頼先を決めるようにしましょう。アンテナ業者で価格や保証内容に違いがあるからです。

複数業者で比較をすることで、条件の良い業者を見つけることができます。ここでは、4つの確認ポイントについて紹介していきます。

●実績
アンテナ業者の実績を確認しましょう。実績が豊富な業者は利用者が多いので、サービス内容が充実している可能性があります。実績が乏しい業者に依頼するより安心感もあります。

実績は業者のホームページで確認できますので、実績が豊富かどうかチェックしましょう。

●口コミ・評判
アンテナ業者の口コミや評判も確認しましょう。良い情報しか載っていない業者ホームページだけで判断をすると、失敗する可能性があるからです。口コミや評判を見れば、利用者の評価や感想がわかるため業者の実態を把握できます。

悪い口コミ・評判が多い業者は避け、良い口コミ・評判が目立つ業者を選ぶようにしましょう。

●費用
同じ工事内容でも、アンテナ業者によって費用が5,000円〜1万円違うことがあります。複数業者で費用面を比較すれば、割安な業者を見つけることが可能です。

また、異常に高い金額を請求されることも防げます。少しでも工事費用を節約するために、複数業者で費用面の比較をしましょう。

●保証
業者の保証内容も確認してください。それぞれの業者で保証期間や内容に違いがあるからです。アンテナが故障をしても、保証が付いていれば修理を無償で受けられる可能性があります。

5年〜10年の長期保証が付く業者もあれば、保証がまったく付かない業者もあります。業者の保証面を必ず確認しましょう。

横浜市青葉区の工事可能地域一覧

神奈川県横浜市青葉区を工事の対象エリアにしている業者はたくさんあります。業者のサイトを見て、工事対象エリアに横浜市青葉区が入っている場合は、市内全域が対象と考えていいでしょう。そのため、以下のようなエリアに住んでいる人も安心です。

  • 荏子田
  • 恩田町
  • 桂台
  • 千草台
  • つつじが丘
  • 藤が丘
  • 緑山

業者によっては、工事対象エリアに「横浜市青葉区」ではなく「神奈川県」と表記されている場合があります。このような場合も横浜市青葉区は工事対象エリアに入っていますが、念の為、事前に確認するようにしてください。

横浜市青葉区とは

神奈川県横浜市青葉区は人口約31.1万で世帯数約13万、横浜市の緑区や都筑区、川崎市の宮前区や麻生区、東京都町田市が隣接しています。

区内には、東急田園都市線7駅、東急こどもの国線2駅、市営地下鉄ブルーライン1駅が設置されています。

メインで利用されているのが東急田園都市線で、横浜駅や渋谷駅、品川駅までは30分〜40分前後でアクセスが可能です。

通勤・通学に便利なことから、都心のベッドタウンとしても人気があります。

たまプラーザテラスや青葉台東急スクエア、あざみ野ガーデンズなど、大型ショッピングセンターが多いので、普段の買い物や外食、子供と一緒に出かける場所としても便利です。

青葉区は横浜市の中で最も街路樹数が多いため、あちこちで緑を感じることができます。教育施設が充実しており、子育て世代にも人気のエリアです。

以下は、LIFULL HOME’Sによる横浜市青葉区の家賃相場です。

  • ワンルーム:6.77万円
  • 1LDK:10.07万円
  • 2LDK:11.01万円
  • 3LDK:13.11万円

便利で暮らしやすいエリアでありながら、探せば手頃な家賃の物件が見つかります。

横浜市青葉区の人口

2020年8月1日時点の横浜市青葉区の人口・世帯数は次のとおりです。

・人口:311,276
・世帯:130,823

また、過去の人口・世帯数は以下のようになります。
※各年1月時点

・2015年:人口308,880 世帯数124,818
・2016年:人口309,904 世帯数125,469
・2017年:人口310,499 世帯数126,484
・2018年:人口309,880 世帯数127,123
・2019年:人口309,893 世帯数128,328

上記のとおり、2015年から2020年にかけて、人口は約2,400人、世帯数は約6,000世帯増加しています。

横浜市青葉区の年代構成

横浜市青葉区の年齢別人口構成(2020年1月1日時点)は以下のとおりです。

・14歳以下:39,400(12.7%)
・15歳〜64歳:201,803(65.0%)
・65歳以上:67,779(21.8%)

横浜市青葉区の平均年齢は男性が43.76歳、女性が45.94歳、合計44.88歳です。

また、横浜市全体の年齢別人口は次のとおりです。

・14歳以下:446,873(11.9%)
・15歳〜64歳:2,358,120(62.9%)
・65歳以上:922,408(24.6%)

また、2015年の横浜市青葉区の年齢別人口は以下のとおりです。

・14歳以下:43,656(14.1%)
・15歳〜64歳:204,923(66.3%)
・65歳以上:59,999(19.4%)

2015年から2020年で14歳以下は約4,200人減、15歳〜64歳は約3,100人減、65歳以上は約7,800人増えています。

横浜市の世帯年収

「年収ガイド」によると、横浜市の2019年の平均所得は410万9,246円です。2015年は398万5,368円、2010年は388万2,466円となり、2010年〜2019年で約22万円増えています。また、平均所得の全国市区町村ランキングでは43位となっています。