価格・スピード・品質・保証 すべてに自信あり!アンテナ工事のプロ集団【地デジやドットコム】

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金/無料相談受付

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金
価格・スピード・品質・保証全てに自信あり!

神奈川県横浜市のアンテナ工事の費用相場・業者選びのコツ

横浜市の地デジアンテナ工事相場

横浜市は人口約374万、世帯数約171万で、非常に人気が高いエリアになります。国際色豊かで、さまざまな住みたい街ランキングで上位の都市です。

横浜市の世帯でテレビ放送を受信するときには、今や地デジアンテナは必須です。

そこで地デジアンテナの新設工事をする時の費用をまとめてみました。
地デジアンテナ工事の費用は、業者やアンテナの種類によって異なります。代表的な八木式アンテナやデザインアンテナ工事の費用相場は次のとおりです。

  • 八木式アンテナ設置工事:30,000円〜
  • デザインアンテナ設置工事:35,000円〜
  • 八木式アンテナとBS/CSアンテナ設置工事:50,000円〜
  • デザインアンテナとBS/CSアンテナ設置工事:55,000円〜
  • 地デジアンテナと4K/8Kアンテナ設置工事:70,000円〜

上記費用を見て高く感じるかもしれませんが、これらはブースターや分配器など、テレビ視聴に必要な機器代を含んだ費用です。そのため、このような機器を含まない場合は、もう少し安く抑えることができます。

神奈川県横浜市を工事対象エリアにしている業者はたくさんあります。以下は、主なアンテナ業者の工事費用です。

  • 地デジやドットコム:15,000円〜
  • SAMURAI:15,000円〜
  • アンテナの匠:25,000円~
  • みずほアンテナ:15,000円〜
  • ライフテックス:16,800円〜

アンテナ業者によって、工事内容は異なりますが、概ね15,000円〜25,000円程度が相場になります。ただし、同じ業者でも設置するアンテナの種類や工事内容で金額が変わるため注意が必要です。

たとえば、地デジやドットコムの場合は、15,000円〜工事ができますが、デザインアンテナになると20,000円〜です。業者選びの際は、費用と工事内容を必ず確認するようにしてください。

横浜市で地デジ工事をすると見ることができるチャンネル

地域によって視聴できるテレビチャンネルは異なります。全国ネットは多くのエリアで視聴できますが、地方局の番組はそのエリアのみでしか視聴できない場合が多いです。横浜市で地デジ工事をした場合、次のチャンネルを視聴できます。

  • 1ch:総合
  • 2ch:教育
  • 3ch:TVK
  • 4ch:NTV
  • 5ch:テレ朝
  • 6ch:TBS
  • 7ch:テレ東
  • 8ch:フジテレビ

このように、地デジ工事をすることで、最大8チャンネルの視聴が可能です。テレビ神奈川のチャンネルはもちろん見ることができます。

横浜市で○○チャンネルは見ることができる?

全国放送のチャンネルがある一方で、以下のような地方のチャンネルもあります。

  • テレビ信州
  • 静岡放送
  • 山陽放送
  • 群馬テレビ
  • テレビ埼玉
  • 福岡放送
  • テレビ西日本
  • 山陰放送
  • 沖縄テレビ放送
  • 琉球放送

など

東京に住んでいる人が福岡のローカル局のチャンネルを視聴したり、北海道に住んでる人が沖縄のチャンネルを見るなど、「別エリアのチャンネルは視聴できないの?」と疑問を抱いている人も多いでしょう。

住んでいるエリアと視聴したい局があるエリアが近い場合は、視聴できることもあります。しかし、基本的には他のエリアの地方チャンネルを見ることはできません。

今はオンデマンドをはじめとした有料動画配信サービスやYouTubeなどがあります。このようなサービスを利用すれば、地方エリアの番組でも視聴が可能です。

横浜市で地デジ工事をする時におすすめのアンテナ

地デジアンテナには、さまざまな種類があります。どのような種類のアンテナがあり、どんな特徴なのか事前に確認をしておくことが必要です。そうすることで、希望条件に合ったアンテナを選ぶことができます。

以下は、主なアンテナの種類と特徴です。

●八木式アンテナ

八木式アンテナは、昔ながらのアンテナです。形状が魚の骨のようになっており、VHFアンテナとも呼ばれています。八木式アンテナの特徴は、電波受信の信頼度が高い上に、価格が安いことです。ただし、デザイン性が優れているわけではないため、スタイリッシュな家の外観には合わない可能性があります。

八木式アンテナでは、UA20 DXアンテナなどの製品がおすすめです。価格は2,000円〜3,000円と安く、品質が優れているため、多くのアンテナ業者でも用いられています。屋根上の設置など、設置場所はある程度制限されますが、信頼性の高いアンテナを求めている方に喜ばれるでしょう。

●デザインアンテナ

デザインアンテナは、デザイン性を重視したアンテナです。箱型のスタイリッシュなデザインでカラーバリエーションが豊富な製品も販売されています。一見するとアンテナとはわからないため、オシャレな家の外観にもマッチしやすいのが特徴です。ただし、八木式アンテナよりも価格は高く、電波の受信感度は劣ることが多いです。

デザインアンテナでおすすめなのが、DXアンテナ UAH261です。DXアンテナ社が発売しているUAH261シリーズは、人気があります。価格は6,000円程度で、スッキリとしたデザインが特徴です。屋根裏や壁面に固定するだけなので、使い勝手が良いおもUAH261シリーズの利点になります。ただし、八木式アンテナのように指向性がないので、電波が弱いエリアでは不向きです。

●室内用小型地デジアンテナ

八木式アンテナやデザインアンテナのように、外に設置する必要がないのが室内用小型地デジアンテナの特徴です。屋内に設置をするだけで、地デジの視聴環境が整います。ただし、電波の受信感度が弱いため、電波が強いエリアでないと、視聴に影響が出る可能性があります。

横浜市で地デジ工事を依頼する時のポイント

横浜市で地デジ工事を依頼する場合は、複数業者で比較をすることが大事です。業者によって、費用や保証などのサービス内容が異なるためです。また、実績や口コミ・評判をチェックすることも良い業者を選ぶために、重要なことになります。

これらのポイントを比較して依頼先を選ぶことで、満足のいく工事にすることができます。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

●実績

横浜市で地デジ工事を依頼する場合は、実績が豊富な業者を選びましょう。実績が豊富な業者は、利用者が多いことであり、サービス面が充実している可能性があります。工事料金が安く、保証期間が長いなど、満足度の高い地デジアンテナ工事ができるでしょう。業者の実績は、ホームページで確認できます。

●口コミ・評判

横浜市で地デジアンテナ業者を選ぶ際は、口コミや評判も見ることが大事です。横浜市は人口が多いこともあり、たくさんのアンテナ業者が営業をしています。アンテナ業者同士の競争も激しいため、ホームページには良い情報しか載っていませんし、その情報だけで比較するのは簡単ではありません。そのため、実際に利用した人の感想がわかる、口コミや評判を確認することが大事です。そうすることで、アンテナ業者の実態を知ることができ、判断がしやすくなります。

●費用

「少しでも安く工事をしたい」と考える人は多いでしょう。地デジアンテナ業者によって、費用が異なるため、費用面を比較することはとても大事です。同じアンテナ工事でも、5,000円以上差があることもあります。また、業者によっては、追加料金がかかるケースもあります。横浜市で地デジアンテナ業者を選ぶ場合は、複数業者で費用面を比較し、追加料金発生の有無も確かめるようにしてください。

●保証

横浜市で地デジアンテナ工事の依頼先を決める場合は、保証内容も確かめるようにしましょう。
アンテナ業者によって保証の有無や内容面に違いがあるためです。10年間保証期間を設けている業者もあれば、3年〜5年の場合もあります。
保証があれば、万が一、アンテナに不具合が発生しても、無料で修理を受けることが可能です。保証がない場合は、修理の度に修理費用を全額負担しなくてはいけません。修理費用が大きな金額でないこともありますが、保証があった方が安心です。近年、地震や台風などの自然災害も多く発生しているため、依頼先を決める際は保証内容も確認をしましょう。

横浜市の工事可能地域一覧

横浜市は非常に規模が大きい都市なので、工事の対象エリアにしている業者がたくさんあります。業者のサイトを見て、工事対象エリアに横浜市が入っている場合は、以下のように市の全エリアで工事ができると考えていいでしょう。

  • 青葉区
  • 旭区
  • 泉区
  • 磯子区
  • 神奈川区
  • 金沢区
  • 港南区
  • 港北区
  • 栄区
  • 瀬谷区
  • 都筑区
  • 鶴見区
  • 戸塚区
  • 中区
  • 西区
  • 保土ヶ谷区
  • 緑区
  • 南区

業者によっては、工事対象エリアに「横浜市」ではなく「神奈川県」と表記されている場合があります。その場合も、横浜市は大都市なので対象エリアに入るという認識で問題はないでしょう。ただし、工事を依頼する前に、念の為、住んでいる場所が対象エリアかどうか確認するようにしてください。

横浜市とは

横浜市は県東部にあり、18区で構成される政令指定都市です。人工約374万人で、国内の市町村の中で最も多く、全国的に人気の高いエリアになります。川崎市、藤沢市、大和市、横須賀市、鎌倉市、逗子市などが隣接しています。

住みたい街ランキングでは常にトップ争いをする都市であり、利便性や住環境が優れ、単身者〜ファミリー層まで幅広い人が生活をしています。

  • 東海道線
  • 横須賀線
  • 京浜東北線
  • 京浜急行
  • 相鉄線
  • 市営地下鉄
  • みなとみらい線
  • 東急東横線

などが乗り入れしているため、どこへ行くにしても便利な場所です。駅周辺には、SOGOや丸井、高島屋、モアーズ、相鉄ジョイナスなど商業施設が充実しており、毎日の買い物やお出掛けにも何ら不自由を感じません。

みなとみらいや山下公園もあり、街を歩くだけで楽しめるエリアです。国際色豊かで住みやすく、利便性も優れているので、非常に高い人気を誇ります。

横浜市の人口

2020年2月1日時点の横浜市の人口・世帯数は次のとおりです。

・人口:3,749,162
・世帯:1,713,417

人口は前年同月から9,326人も増加しています。また、区別の人口・世帯数は次のようになります。

●鶴見区:人口292,942 世帯140,308
●神奈川区:人口244,967 世帯126,072
●西区:人口103,919 世帯55,755
●中区:人口149,905 世帯81,437
●南区:人口195,622 世帯99,942
●港南区:人口213,856 世帯94,035
●保土ケ谷区:人口205,915 世帯96,616
●旭区:人口245,155 世帯106,192
●磯子区:人口166,385 世帯77,048
●金沢区:人口198,179 世帯88,463
●港北区:人口353,398 世帯170,767
●緑区:人口182,485 世帯78,084
●青葉区:人口310,297 世帯129,473
●都筑区:人口212,601 世帯83,822
●戸塚区:人口280,737 世帯119,623
●栄区:人口119,679 世帯51,464
●泉区:人口151,790 世帯62,273
●瀬谷区:人口122,140 世帯51,456

最も人口・世帯数が多いのは港北区で、最も少ないのが西区です。また、横浜市の人口・世帯数の推移は次のようになります。

・2015年10月:人口3,724,844 世帯1,645,618
・2016年10月:人口3,731,293 世帯1,660,256
・2017年10月:人口3,733,234 世帯1,673,662
・2018年10月:人口3,740,172 世帯1,690,932
・2019年10月:人口3,748,781 世帯1,710,900

基本的には、人口・世帯数ともに増加傾向です。

横浜市の年代構成

横浜市が公表している年齢別人口表(2019年9月30日時点)によると、年齢別の人口構成は次のとおりです。

・15歳未満:457,315(12.2%)
・15歳〜64歳:2,379,389(63.4%)
・65歳以上:916,147(24.4%)

平均年齢は45.9歳です。以下は、2014年9月30日時点のものになります。

・15歳未満:482,084(13.0%)
・15歳〜64歳:2,401,961(64.6%)
・65歳以上:836,221(22.5%)

2019年と2014年では、15歳未満が約2万5,000人、15歳〜64歳が約2万2,000人減少し、65歳以上が約8万人増加しています。

横浜市の世帯年収

横浜市統計書の「1世帯当たり年平均1か月間の収入と支出(二人以上の世帯のうち勤労者世帯」によると、2019年の横浜市世帯主収入平均は481,065円です。この金額をもとに年収を考えると約600万円になります。全国市町村の中では、トップクラスの水準です。