価格・スピード・品質・保証 すべてに自信あり!アンテナ工事のプロ集団【地デジやドットコム】

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金/無料相談受付

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金

テレビアンテナ設置工事のすべて

高画質な地デジアンテナの選び方

「高画質なアンテナは?」「地デジアンテナの選び方はどうしたらいい?」などの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。高精細で臨場感あふれる映像を楽しめる4K・8Kアンテナの特徴や、地デジアンテナの選び方などを知っておくことは大切です。

ここでは、高画質な4K・8Kアンテナの特徴や地デジアンテナの選び方、設置方法、テレビ映りが悪いときの原因などについて解説します。

 

目次

高画質な映像を楽しめる4K・8Kアンテナ

高画質な映像を楽しめるアンテナには、4K・8Kアンテナがあります。4K・8Kアンテナを設置することで、従来のフルハイビジョンより高精細な映像を視聴できます。

まずは、4Kと8Kの内容や違いについて見ていきましょう。

 

4Kとは

4Kとは、フルハイビジョンより高精細な映像を視聴できる放送サービスです。約200万画素(1920×1080)のフルハイビジョンに対し、4Kは約800万画素(3840×2160)と4倍になります。

フルハイビジョンより解像度が4倍高いため、よりきれいな映像を楽しむことができます。

 

8Kとは

8Kとは、4Kよりも解像度が高い映像を視聴できる放送サービスです。8Kは約3300万画素(7680×4320)となっており、フルハイビジョンの16倍、4Kの4倍解像度が高くなります。

HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応しており、色域が広く、臨場感や迫力のある超高精細な映像を楽しめます。

 

高画質な4K・8Kの視聴方法

4K・8Kを視聴するには、対応するテレビやチューナー、アンテナなどを揃える必要があります。どのような環境で4K・8Kの視聴ができるのか把握しておくことは大切です。

ここでは、高画質な4K・8Kの視聴方法について確認していきましょう。

 

4Kの視聴方法

4K放送は、従来の電波である「右旋」と新しい電波である「左旋」があります。左旋のBS左旋4K・8K放送、110度CS左旋4K放送などを視聴する方法は、以下の2種類あります。

 

・4Kチューナー内臓テレビ+4K・8Kアンテナ

・現在使用しているテレビ+4Kチューナー+4K・8Kアンテナ

光回線やケーブルテレビに加入している場合は、専用のセットトップボックス、チューナー、アダプターなどが必要になります。

これまでのフルハイビジョンテレビと周辺機器だけでは、4K放送の視聴はできないため注意してください。

 

8Kの視聴方法

8K放送を視聴するには、以下の環境が必要です。

・8Kチューナー内臓テレビ+4K・8Kアンテナ

光回線やケーブルテレビに加入している場合は、専用のセットトップボックス、チューナーなどで視聴できる場合があります。

従来のフルハイビジョンテレビや周辺機器だけでは8K放送を視聴することはできません。

 

高画質な4K・8Kアンテナの選び方

高画質な4K・8Kアンテナを選ぶときは、メーカーや予算、SHマークの有無などに注目しましょう。これらのポイントに注目することで、品質が良く安心感のある4K・8Kアンテナを選べるようになります。

ここでは、高画質な4K・8Kアンテナの選び方について見ていきましょう。

 

信頼できるメーカーのアンテナを選ぶ

高画質な4K・8Kアンテナを選ぶときは、信頼できるメーカーの製品か確認しましょう。信頼できるメーカーのアンテナであれば、品質が優れている可能性が高いからです。安心感もあります。

代表的なメーカーは「日本3大アンテナメーカー」と呼ばれている「マスプロ電工」「DXアンテナ」「日本アンテナ」です。これらのアンテナメーカーは、歴史や実績があり、品質にも定評があります。

アンテナは長く使用しますので、信頼できるメーカーの4K・8Kアンテナを選ぶようにしましょう。

 

予算に合ったアンテナを選ぶ

高画質な4K・8K対応アンテナを選ぶときは、予算も大切なポイントです。予算オーバーのアンテナを購入した場合は、生活費などに支障が出る可能性があります。

4K・8Kアンテナは、3〜4万円以上することもありますが、1万円以下で購入できる製品も多いです。4K・8Kアンテナを選ぶときは、予算に収まるか確認しましょう。

SHマークが付いているアンテナを選ぶ

4K・8Kアンテナを選ぶときは、SHマークがあるか確認しましょう。SHマークとは、「スーパーハイビジョン受信マーク」のことです。SHマークがある製品は、新4K・8K放送受信機器として適していることを証明しています。

安心して使用できるため、SHマークのある4K・8Kアンテナを選びましょう。

 

高画質な4K・8Kアンテナを設置するメリット

高画質な4K・8Kアンテナを設置することで、高精細な映像を楽しめるようになります。これまでよりもテレビ時間が充実したものになるでしょう。

ここでは、高画質な4K・8Kアンテナを設置するメリットについて紹介します。

 

きれいな映像を楽しめる

高画質な4K・8Kアンテナを設置することで、きれいな映像を楽しめます。従来のフルハイビジョンは約200万画素(1920×1080)ですが、4Kは約800万画素(3840×2160)と4倍です。

また、8Kは約3300万画素(7680×4320)と、フルハイビジョンの16倍、4Kの4倍解像度が高くなります。4K・8Kアンテナを設置することで、きめ細やかできれいな映像を視聴できるようになります。

 

スポーツや映画の迫力や臨場感がアップする

4K・8Kアンテナを設置することで、今までよりも迫力や臨場感のある映像を視聴できるようになります。そのため、リアルで奥行きのある映像を楽しめるため、スポーツや映画を見るときにおすすめです。

 

アンテナの種類と特徴

アンテナには、八木式アンテナや室内アンテナ、デザインアンテナ、ユニコーンアンテナ、パラスタックアンテナ、4K・8Kアンテナなどの種類があります。それぞれのアンテナで特徴や視聴できるチャンネルなどに違いがあります。

ここでは、アンテナの種類と特徴について見ていきましょう。

 

八木式アンテナ

八木式アンテナは、魚の骨のような見た目が特徴的なアンテナです。屋根上に設置することが多く、受信性能が高い高いアンテナになります。耐風耐雪性にも優れていて、電波が弱い地域でも対応できます。

屋根上に設置でき高さを出せるため、良好な電波を受信でき、高画質な映像を楽しむことが可能です。他のアンテナと比べてリーズナブルなのも八木式アンテナの魅力です。

 

室内アンテナ

室内アンテナとは、屋内に設置して使用するアンテナのことです。台などの上に置いて使用する「卓上型」と、壁や窓に貼って使用する「ペーパー型」の2種類あります。デザイン性の高い製品も多く、部屋のインテリアにも馴染みます。

ただし、室内アンテナは電波が強い地域でのみ力を発揮できます。弱電界地域や中電界地域では対応できないため注意が必要です。

 

デザインアンテナ

デザインアンテナは、ボックス形状のアンテナです。スマートアンテナや平面アンテナとも呼ばれています。スタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションも豊富なため建物の外観にマッチします。デザインアンテナは外壁に設置するため、屋根上にある八木式アンテナに比べてメンテナンスしやすいのも特徴です。

ただし、電波が弱い地域ではデザインアンテナを使えないことがあるので注意してください。

 

ユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナは、ポール状のアンテナでスタイリッシュなデザインです。受信性能も優れています。影が小さいため、太陽光パネルがあっても設置することが可能です。風の影響も受けにくいので安心です。建物の外観にもマッチします。

ただし、電波が弱い地域では、ユニコーンアンテナを設置できない場合がありますので注意が必要です。

 

パラスタックアンテナ

パラスタックアンテナは、高性能アンテナや電波障害用アンテナとも呼ばれています。パラスタックアンテナは、水平方向(パラレル)と垂直方向(スタック)から電波を受信でき、受信効率が高いのが特徴です。

素子が多く、素子をつなぐ部分がXの形状になっています。電波が弱い地域でも、しっかりと受信できるアンテナです。

ただし、重量が重く面積が広いため、風の影響を受けやすいです。また、電波の強い地域で使用すると、逆効果となりテレビ映りが悪いことがあります。

 

4K・8Kアンテナ

4K・8Kアンテナは、BS・CSアンテナと同じようにお皿のような形状をしています。「K」は「画素」を示しており、画素数が多いほど、高画質で臨場感のある映像を楽しめます。

4Kは約800万画素(3840×2160)で、解像度はフルハイビジョンの4倍です。8Kは約3300万画素(7680×4320)で4Kの4倍、フルハイビジョンの16倍となります。

また、BS・CSアンテナよりも視聴できるチャンネルが多いのが特徴です。従来のBS・CSアンテナでは、NHK BS 4KやBS朝日 4Kなどが視聴できますが、4K・8Kアンテナを設置するとNHK BS 8Kやザ・シネマ4Kなども視聴できます。

 

4K・8Kアンテナを設置すれば、フルハイビジョンより高精細な映像を様々なチャンネルで楽しめます。

 

高画質な地デジアンテナを設置してもテレビ映りが悪いときの原因

高画質な地デジアンテナを設置してもテレビ映りが悪いときは、周辺機器の劣化・故障やアンテナの向き、ケーブルの接続状況、アンテナとテレビの距離に原因がある場合があります。

どのような原因があるのかを知ることで、テレビ映りが悪いときにスムーズに対処できるようになります。ここでは、テレビ映りが悪いときの原因について見ていきましょう。

 

アンテナの周辺機器が劣化・故障している

高画質な地デジアンテナを設置してもテレビ映りが悪いときは、アンテナの周辺機器が劣化・故障している可能性があります。ブースターやアッテネーター、ケーブルなどが劣化・故障している場合は、アンテナで受信した電波がテレビまで届きません。

アンテナ本体や周辺機器の寿命は10年〜15年と言われています。長く使用している場合は、寿命を迎えている可能性があります。周辺機器の交換や修理を検討してみましょう。

 

アンテナの向きが悪い

設置した地デジアンテナの向きが悪いと、テレビ映りが悪くなります。電波を正常に受信できなくなるからです。アンテナの向きが適切でない場合は、向きを調整することでテレビ映りが改善されます。

 

ケーブルの接続状況が悪い

高画質な地デジアンテナを設置してもテレビ映りが悪いのは、ケーブルの接続状況に問題があるかもしれません。端子が緩んでいるなど、ケーブルの接続状況が悪いと、アンテナで受信した電波をテレビまで届けることが難しいためです。

テレビ映りが悪い場合は、ケーブルの接続状況に問題がないか確認しましょう。

 

アンテナとテレビとの距離が離れている

アンテナとテレビとの距離が離れていることが原因で、テレビ映りが悪い可能性があります。アンテナで受信した電波が、テレビに伝わるまでの経路で劣化してしまうからです。アンテナとテレビとの距離を近づけるか、ブースターを設置するなどしましょう。

 

高画質な地デジアンテナを設置する方法

 

高画質な地デジアンテナは、家電量販店や街の電器店、リフォーム業者、地デジアンテナ業者などに依頼して設置できます。また、自分で設置することも可能です。

ここでは、高画質な地デジアンテナを設置する方法について見ていきましょう。

 

家電量販店に設置してもらう

高画質な地デジアンテナを家電量販店に設置してもらう方法があります。家電量販店に設置を依頼するメリットには、次のようなものがあります。

 

・様々な支払い方法に対応している

・家電量販店のポイントが貯まる・使える

・家電製品購入のついでに依頼できる

 

家電量販店は、様々な支払い方法に対応しています。普段から利用しているキャッシュレス決済で、アンテナ施工費用を支払うことが可能です。家電量販店の独自のポイントサービスもあるので魅力です。アンテナの周辺機器やテレビなどを購入したついでに設置依頼ができます。

 

家電量販店に依頼するデメリットは、次のとおりです。

 

・アンテナの専門業者ではない

・割高な場合がある

 

家電量販店はアンテナの専門業者ではないため、担当者によって知識や技術に差があります。また、費用が割高なことがあるため注意が必要です。

 

街の電器店に設置してもらう

街の電器店に高画質な地デジアンテナを設置してもらう方法もあります。街の電器店に依頼するメリットは、次のとおりです。

・設置後のアフターフォローを頼みやすい

・アンテナ以外のことも依頼できる

 

街の電器店は地域に根付いた営業をしているため、アンテナ設置後に困ったことがあった場合に気軽に相談できます。エアコン設置や家電の修理など、アンテナ以外のことも依頼できます。

街の電器店に依頼するデメリットは、次のとおりです。

 

・時期によっては対応が難しい

・割高な場合がある

 

街の電器店は、店主やその家族で営業していることが多いため、夏場などの忙しい時期はすぐに対応してもらえない可能性があります。また、アンテナ設置費用が割高なことがありますので注意してください。

 

リフォーム業者に設置してもらう

リフォーム業者に、地デジアンテナを設置してもらう方法もあります。リフォーム業者に依頼するメリットは、次のとおりです。

 

・リフォームついでに依頼できる

・リフォーム費用と一緒にローンを組める

リフォーム業者に依頼すれば、リフォーム+アンテナ設置ができます。アンテナ設置と同時にテレビ端子を増やしたり、壁の中の配線を入れ替えたりすることもできます。リフォーム費用とアンテナ設置費用は一緒に請求されるため、ローンを活用することも可能です。

リフォーム業者に依頼するデメリットは、次のとおりです。

 

・アンテナの専門業者ではない

・外注する場合がある

 

リフォーム業者はアンテナの専門業者ではないため、状況によっては対応できない場合があります。また、アンテナの設置だけ外注することがあり、その場合は余計にコストがかかります。

 

地デジアンテナ業者に設置してもらう

地デジアンテナ業者に、高画質なアンテナを設置してもらうメリットは、次のとおりです。

・アンテナの専門業者である

・割安なことが多い

地デジアンテナ業者は、アンテナを取り扱うプロです。高い技術力やノウハウがあり、様々な状況にも対応できます。テレビ映りが悪い原因なども突き止め解決します。設置費用や修理費用は割安なことも多いです。

地デジアンテナ業者に依頼するデメリットは、次のとおりです。

 

・アンテナ以外のことを依頼できない

・支払い方法が少ない場合がある

 

アンテナの専門業者となるため、アンテナ以外のことを一緒に相談・依頼することはできません。また、一部の地デジアンテナ業者は対応している支払い方法が少ないので注意が必要です。

 

自分で設置する

高画質な地デジアンテナを自分で設置することもできます。自分で設置する場合のメリットは、次のとおりです。

・業者に依頼する費用を節約できる

・アンテナ設置のノウハウを学べる

自分で設置すれば、家電量販店や地デジアンテナ業者などに依頼する費用を節約できます。また、アンテナ設置の仕方や手順などを学べます。

自分で設置するデメリットは、次のとおりです。

 

・業者に依頼するより高くつく可能性がある

・テレビ映りが悪い場合がある

・怪我のリスクがある

 

地デジアンテナを自分で設置するには、アンテナ本体や周辺機器はもちろんのこと、ハシゴやヘルメットなどの道具も揃えなくてはいけません。そのため、業者に依頼するより高くつくことがあります

また、アンテナの設置方法に問題があり、テレビ映りが悪い場合があります。落下して怪我する恐れもありますので注意が必要です。

 

高画質な地デジアンテナの設置は地デジアンテナ業者への依頼がおすすめ

高画質な地デジアンテナを設置する場合は、プロである地デジアンテナ業者へ依頼することをおすすめします。アンテナの専門業者であり、知識や技術、ノウハウがあるためです。建物や電波の状況に合ったアンテナを設置してもらえます。

地デジアンテナ業者によっては即日対応ができるため、急いでいるときでも安心です。また、保証が付いているためアンテナ設置後に不具合や故障が発生しても、無償で対応してもらえる可能性があります。

高画質な地デジアンテナの設置やアンテナ修理などは、専門業者である地デジアンテナ業者へ依頼しましょう。

 

自分で設置するのは危険

地デジアンテナを自分で設置するのはリスクがあるため注意してください。例えば、八木式アンテナを設置する場合は、屋根上での作業です。慣れない場所で傾斜もあるため、足を滑らせて転倒や転落する恐れがあります。

怪我をしては、節約した費用以上に治療費がかかることがあります。また、仕事に支障が出て収入が減ることもありますので注意してください。

自分で設置する場合は、リスクがあることを理解しておきましょう。

 

おすすめ地デジアンテナ業者「地デジやドットコム」の特徴

高画質な地デジアンテナを設置する場合や、テレビ映りが悪いときの対応は地デジアンテナ業者である「地デジやドットコム」への依頼がおすすめです。

地デジやドットコムは、施工実績が豊富で、良心的な価格でアンテナ施工や修理を依頼できます。完全自社施工で部品・部材は日本製、最短即日対応もできるため安心です。

ここでは、地デジやドットコムの特徴について見ていきましょう。

 

施工実績が豊富

地デジやドットコムは、業界で最も歴史があり、施工実績は3万件超と豊富です。実績が豊富ということは、それだけたくさんの方が地デジやドットコムを利用しているということです。他にも多数の地デジアンテナ業者があるため、サービス内容が魅力的でないと利用者は増えません。

地デジやドットコムは施工実績が豊富なため、安心して利用できます。

 

24時間365日受付

地デジやドットコムは、24時間365日電話受付をしています。「地デジアンテナの相談をしたいけど営業時間ではない」ということがありません。施工経験のあるスタッフが対応するため、地デジアンテナ工事に関する疑問をすぐに解決できます。

 

即日見積り・即日対応が可能

地デジやドットコムは、電話で問い合わせをすると即見積りを教えてもらえます。「すぐに見積りを知りたい」という方も安心です。

また、最短2分で予約が完了し、即日アンテナ工事をすることも可能です。地デジやドットコムであれば、最短即日でスピーディーに進めることができます。

 

業界最長クラスの10年保証

地デジやドットコムで地デジアンテナを設置すると、業界最長クラスとなる10年保証が付いています。万が一、不具合が起きたとしても保証があると安心です。アンテナ施工後、保証書を受け取ることができます。

保証期間が短い地デジアンテナ業者もある中で、地デジやドットコムは10年間もの保証があります。

 

完全自社施工

地デジやドットコムは、完全自社施工となっています。アンテナ施工を外注する業者も多い中で、地デジやドットコムはすべて自社スタッフが対応します。外注を使わないため、余計なコストがかかりません。自社スタッフが責任を持って対応できます。

 

良心的な価格

地デジやドットコムは、長期保証が付き、完全自社施工でありながら、良心的な価格を実現しています。以下は、主なアンテナ施工プランの金額です。

 

・地デジアンテナ取付プラン:1万6,500円〜

・地デジアンテナ+BS/CSアンテナ取引プラン:3万3,000円〜

・デザインアンテナ取引プラン:2万2,000円〜

・デザインアンテナ+BS/CSアンテナ取引プラン:4万4,000円〜

・小型アンテナ取引プラン:2万8,600円〜

・小型アンテナ+BS/CSアンテナ取引プラン:4万4,000円〜

・ユニコーンアンテナ取引プラン:3万3,000円〜

・ユニコーンアンテナ+BS/CSアンテナ取引プラン:5万5,000円〜

・アンテナ取り外し:5,500円〜

・ブースター紹介:1万6,500円〜

 

施工効率の向上やコスト削減に取り組んでいるため、アンテナ施工を安く済ませることが可能です。

キャッシュレス決済に対応

地デジやドットコムは、次のキャッシュレス決済に対応しています。

 

・クレジットカード

・PayPay

・au PAY

・メルペイ

・LINE Pay

 

上記のように、クレジットカードやPayPayに対応しており、アンテナ施工の支払いでポイントを貯めることが可能です。ATMで現金を用意する必要がありません。

 

地デジやドットコムは、多くのキャッシュレス決済に対応しているため便利です。

 

日本製の部品・部材を使用

地デジやドットコムは、日本製の部品・部材を使用しています。品質の高い部品・部材を使用しているため、長く安心できます。

施工中の傷や汚れを防止

地デジやドットコムは、アンテナ施工中に、脚立を使うときは接触する箇所を養生して傷がつくのを防ぎます。また、ハシゴを立てかける際には壁や雨樋の保護、車を止めるときは駐車場の保護をして傷や汚れがつかないようにしています。

訪問時にはアルコールや専用薬剤で除菌し、穴あけ個所にはシリコンで防水処理を施すなど、配慮があるため安心です。

 

まとめ

ここでは、高画質な4K・8Kアンテナの特徴や地デジアンテナの選び方、設置方法、テレビ映りが悪いときの原因などについて解説しました。4K・8Kアンテナを設置すれば、高精細な映像を楽しめます。

 

アンテナ設置には専門知識やノウハウが必要となるため、プロである地デジアンテナ業者に依頼しましょう。4K・8Kアンテナなど、アンテナ設置を考えている方は、ここで紹介した内容を参考にしてみてください。

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

無料相談受付
最短2分で予約完了即日工事OK!