価格・スピード・品質・保証 すべてに自信あり!アンテナ工事のプロ集団【地デジやドットコム】

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金/無料相談受付

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金

テレビアンテナ設置工事のすべて

アンテナ工事の費用と相場を解説!安く抑えるためのコツを紹介

テレビが正常に映っているときには全く意識することがないアンテナですが、破損や損傷などによって番組視聴に影響が出ると思わぬ出費が発生してしまいます。

できるだけ安いコストで修理をしたいと思うものの、そもそもアンテナ工事の費用や相場についての知識がないために、アンテナ工事業者に言われるがままに料金を支払っているケースが珍しくありません。

地デジやドットコムでは、このようなアンテナ工事代金の不明瞭さや高額請求が横行している状況を改善すべく、明瞭かつ低価格なアンテナ工事を実施しています。

アンテナ工事の費用と相場、そして出来る限りアンテナ工事を安く済ませるためのコツをご紹介いたします。

【タイプ別】アンテナ工事の費用と相場

テレビアンテナ工事のすべて」と題したこの連載では、アンテナ工事に関する様々な事柄についてご紹介しています。

これまでに解説してきた通り、現在ではご家庭に設置されるテレビアンテナにも複数の種類があるため、アンテナ工事の費用や相場にもタイプ別で差が生じています。

昔ながらの八木式アンテナは比較的に安くなり、最新のデザインアンテナの方が少し高くなる傾向にあります。室内設置タイプについてはテレビの映りが悪くなる傾向にあるため、低コストですがあまりおすすめできません。

八木式アンテナの工事にかかる費用と相場

テレビアンテナとして一般的に広く普及している八木式アンテナは、非常にシンプルな構造であることから本体価格が安いために、設置にかかるコストも安くなります。

八木式アンテナの設置を業者に依頼した場合の費用は、本体価格を合わせて1万5000円程度が最安値です。

なお、この金額については既存の八木式アンテナを取り外して新しい八木式アンテナを設置する場合の費用ですので、もし新築で取り付けられる場合や、デザインアンテナから八木式アンテナへと変更する場合については、3万5000円程度となります。

新たにアンテナを設置する方がコストが高くなってしまう理由は、アンテナ配線にかかる工事が必要になったり、アンテナを固定するための金具を取り付ける工事がひつようになるためです。

デザインアンテナの工事にかかる費用と相場

地上デジタル放送の登場と共に一般家庭やオフィスビルなどへの導入が始まったデザインアンテナは、本体価格が八木式アンテナより高いために工事にかかるコストも少し高くなります。

デザインアンテナの設置工事にかかる費用の相場は、アンテナ本体を含めて2万円程度です。

初期の頃には非常に高額なアンテナだったデザインアンテナですが、導入事例が増え、メーカーの出荷台数も増加したことから、かなり価格が下がってきていますので八木式アンテナとの差は僅かになりました。

デザインアンテナには外観や安全面などで多くのメリットがありますので、価格の差が少なくなることで、さらにデザインアンテナを選ばれるご家庭が増加傾向にあります。

このため、既存の八木式アンテナを取り除き、デザインアンテナを新たに設置するというアンテナ工事が多くなっています。このようなケースでは、トータルの工事代金(アンテナ本体を含む)が4万円程度となります。

なお、デザインアンテナに付け替えて失敗したと感じられるケースもありますので、こちらの記事「デザインアンテナで失敗した事例を紹介」も合わせてご覧ください。

デザインアンテナで失敗した事例を紹介!八木式アンテナを選ぶべき条件とは

アンテナ工事にかかる代金の内訳

アンテナ工事の費用と相場を確認したところで、さらに詳しく工事代金の内訳について解説を進めます。

アンテナ工事料金内訳

どうしてもアンテナ工事の費用を最低限に抑えたいという方は、ご自身で工事をすることも可能ですので、そのような際にどのような作業がひつようになるのかの参考にしてください。

アンテナ本体の購入金額

アンテナ工事の費用の大部分を占めているのがアンテナ本体の購入代金です。

アンテナ本体の価格

八木式アンテナとデザインアンテナのどちらも、近所のホームセンターやインターネットのオンライン通販などでも販売されており、気軽に購入することが可能です。

アンテナ本体価格は、八木式アンテナが4000円台から、デザインアンテナが6000円台からです。

テレビ電波の受信能力が大きくなればなるほど価格が上昇します。一般的に電波の受信能力は「素子数」で表されており、八木式アンテナの場合には素子の数、デザインアンテナの場合には何本の素子に相当する能力なのかがパッケージに記載されています。

アンテナ工事にかかる費用のうち、概ね3割程度がアンテナ本体の購入価格です。

アンテナの取り付け部品の購入金額

テレビアンテナは、屋根や壁面などの風雨にさらされる場所に設置しますので、取り付けにあたっては各種部品を使用してしっかりと固定しなければなりません。

アンテナ取り付け器具の価格

アンテナ本体の周辺の部品や部材については、アンテナに付属していますが、配線ケーブルとの接続方法などによっては付属部品では上手く設置できないことがあります。

アンテナの設置について専門業者をおすすめする理由のひとつは、このような取り付け部品を漏れることなく適切に使用し、専用の工具によってしっかりと固定できることです。

八木式アンテナの場合には屋根の四方にワイヤーを張ったり、デザインアンテナの場合には壁面に取付金具を装着するなど、アンテナそのものの強度を保つための工事を行います。

配線ケーブルの購入代金

既存のアンテナを交換する場合には不要ですが、新たにアンテナを取り付けたり、アンテナの設置箇所を変更した場合に発生するのが配線ケーブルの購入と敷設にかかる費用です。

アンテナケーブル購入代金

一般的に、屋外にあるアンテナからテレビ受像機までのケーブル配線は、天井裏や壁、床下などを利用して、外部からは見えないように敷設します。

複数の部屋でテレビを見ることができるようにするためには、分波器や分配器などの専用の部材を利用することによってテレビの電波が弱くならないように配線を行います。

アンテナ本体をご自身で購入して取り付けや交換をされる場合、どうしても配線について上手く処理ができないという声があります。

アンテナケーブルの価格の目安は、1メートルあたり120円前後です。

電波測定にかかる費用

ご自身でアンテナ工事をされる場合には、専用機材がないために実施できない作業ですが、専門業者に依頼された場合には電波測定も合わせて行います。

テレビ電波測定費用

電波測定にかかる費用は業者によって異なりますが、アンテナ工事を依頼されたときには電波測定は無料で行うという業者も珍しくありません。

電波測定によってテレビ電波の強度が弱いと判断した場合には、アンテナの受信した電波を強めるためのブースターという装置によって補強することができます。

八木式アンテナと比較すると電波の受信能力が弱くなってしまうことが多いデザインアンテナでは特に、ブースターを合わせて設置することが多く、追加でブースターの購入代金が加算されることがあります。

ただし、アンテナが故障するたびに屋根の上での作業を行っていると、屋根の補修や修繕でさらに高額の費用負担が発生する可能性がありますので、長い目で見ればデザインアンテナがおすすめです。

地デジやドットコムでは、アンテナ工事と合わせて電波測定を行いますので、電波測定にかかる費用は無料です。

アンテナ設置工事業者の諸経費

業者に依頼することによって発生する費用として、やはり工事業者の人件費などの諸経費があります。

アンテナ設置工事諸費用

ご自身でアンテナを購入されて設置することによって、これらの業者への支払いは無くなりますので、アンテナ工事にかかる費用を大きく下げることができます。

最近ではYoutubeなどの動画サイトにもアンテナ工事のための知識やノウハウが公開されていますので、これらを参考にすることによってご自身での作業のハードルは低くなっています。

アンテナや配線ケーブルには一切の電気が使用されていませんので、特別な資格を持っていない方がアンテナ工事を行っても法律に触れることはありません。

思わぬ出費が発生してしまう事例

アンテナ工事の出費を安く抑えたい方は、ここまでに紹介した工事全般の費用の内訳に加えて、思いがけず費用がかさんでしまう事例についても把握するようにしてください。

アンテナ工事の追加費用

何度も工事を繰り返す

アンテナ工事が不十分で、アンテナの設置箇所が良くなかったり、アンテナの取り付け部材が上手くハマっていないケースでは、何度も繰り返して工事が行われることになります。

工事の回数が増えると、その分だけ人件費などの費用が発生し、さらには屋根などへの負担がかかることになってしまいますので注意するようにしましょう。

アンテナの交換時期は10年から15年ですので、余計な工事が発生しないように1回で済ませることが出来る体制を整えましょう。

例えば、衛星放送のBSやCSのアンテナを付けたいとかんがえる場合には、八木式アンテナやデザインアンテナなどの地上デジタル放送向けアンテナと同時に工事をすることがおすすめです。

なお、複数の部屋でテレビを視聴するなどの電波を分ける工事については、アンテナそのものを触らずに対応できますので、少額のコストで工事をすることが可能です。

屋根や壁面が損傷してしまう

アンテナの設置箇所の都合上、基本的には高所での作業となりますので、足場が不安定な状態での作業によって屋根や壁面を傷つけてしまうケースが目立ちます。

アンテナ工事の数万円を削減するために、思いがけず屋根や壁面の補修のために十数万円の費用負担が発生してしまったというご相談もありますので、十分に注意してください。

DIYによってご自宅をご自身の手で改修していくことは費用面だけでなく楽しさも得られるものですが、アンテナ工事につきましてはこのような事情から、DIYはあまりおすすめしません。

地デジやドットコムには時おり、DIYでアンテナ工事をしようとしたものの十分な作業が出来なかったというご相談をいただくことがあります。

このような場合には、可能であれば実際に作業をされた方からお電話をいただき、どのような作業をされたのか、どのような部分で問題が生じているのかをご説明いただけますと非常に助かります。

アンテナ工事で多数の経験と実績のあるスタッフが、お客様に代わってしっかりと万全の作業をさせていただきます。

アンテナが倒壊してしまう

アンテナ工事に不慣れな地元の電気屋さんなどが工事をされた場合に多いのが、アンテナ設置から数年後に倒壊してしまうという事例です。

アンテナが倒壊することは、屋根や壁面への大きな負荷となり、テレビの映りが悪いだけでは済まされない大きな事故に発展する可能性さえあります。

なかには倒壊した八木式アンテナを屋根の上に残したままで、デザインアンテナを壁面に取り付けてテレビを視聴されているというご家庭もありますが、倒壊したアンテナの放置は危険です。

テレビアンテナの倒壊につきましては個別に対策方法などをまとめた記事を公開していますので参考にしてください。

アンテナが倒壊?定期検査で早期発見しておきたいアンテナの安全対策

アンテナ工事の費用や相場まとめ

10年から15年ごとに発生するアンテナ工事の費用や相場について、ご紹介いたしました。

アンテナ工事費用まとめ

費用を安く抑えるためには、ご自身でアンテナを取り付けることも可能ですが、プロのアンテナ工事専門業者にしか出来ないこともありますので、可能なかぎり私たちにお任せください。

また、アンテナの種類ごとに費用には大きな差があり、八木式アンテナの方がデザインアンテナよりも安く設置できます。費用を安く抑えたい場合には八木式アンテナを選択してください。

ただし、屋根の上に登らなければならない八木式アンテナの設置工事は、新築から間もないご家庭であれば問題ありませんが、築年数を重ねるごとに屋根が損傷するリスクが高まるものです。

アンテナ工事の専門業者では高所作業のための様々な機材を所有しており、さまざまな屋根に対応した設置工事が可能ですが、デザインアンテナに替えた方が将来的な不安が無くなります。

なお、アンテナ工事を業者に依頼する際には、アンテナの交換や修理だけではなく、複数の部屋での視聴を可能にする工事などを合わせて依頼することで1度に作業が完了できますので、作業にかかる費用がお得になることがあります。

この記事が参考になり、皆さまがご自宅で快適なテレビ視聴をされることができましたら幸いです。

 

 

 

 

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

無料相談受付
最短2分で予約完了即日工事OK!