価格・スピード・品質・保証 すべてに自信あり!アンテナ工事のプロ集団【地デジやドットコム】

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金/無料相談受付

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

工事実績3万件超/業界最長10年保証/保証内倒壊全額返金

プロが教えるアンテナ工事の注意点

アンテナあれやこれ

アンテナについて凄く詳しい人から依頼を受けることは正直多くありません。
ほとんどの人にとってアンテナの設置自体初めてで電話をくださっているように感じます。
確かに一度設置すれば数年単位で放置していても特に問題がないことが多いので、戸建てにお引越しするとき以外はほとんど気にすることもないのかなと。
なので今回はアンテナの種類について少々お話しようかと思います。

UHFアンテナ

UHFアンテナとは、地デジの放送電波を受信するために欠かせないアンテナです。
UHFとはUltra High Frequency(極超短波)の略で、周波数300MHz~3GHz、波長が10cm~1mまでの電波のことです。
地デジ放送や携帯電話・無線LANなどの通信に使用されます。特にテレビ放送に使用するのは470~710MHzの帯域です。
テレビ局はこの電波を分け、チャンネルを割り振って発信しています。
UHFアンテナはこれらの電波をキャッチするためのアンテナです。

UHFアンテナには見た目の違うものがいくつかあるので、それぞれの解説をしましょう。

●八木式アンテナ

一般的によく設置されている、魚の骨のような形のアンテナです。主に屋根の上に立てられます。
規格が豊富なので電波の強弱によって自分に合っているタイプを選ぶ事ができ、また高い位置に取り付けできるので電波を受信しやすい点がメリットです。
ものとしては優秀なのですが、建物の景観を損なうことを嫌って選択肢に入れない方も一定数います。

●デザインアンテナ

平面状になっており、壁面に設置するタイプのアンテナです。フラットアンテナ、壁面アンテナと呼ばれることもあります。
すっきりとまとめることができるため、建物の景観を損ねませんし、片流れ屋根など八木式アンテナが設置できない形状の建物にも向いています。
ただし取り付け位置が低くなる場合は設置自体難しいケースもあるため注意してください。

●ユニコーンアンテナ

円筒状の本体をした、八木式アンテナとデザインアンテナの中間の位置に取り付ける事の出来るアンテナです。
一番新しいタイプのアンテナになっており、電波も取りやすく風にも強く、見た目もすらっとして景観を損ねないことがメリットです。
ただし高性能タイプなどがない為選択肢が狭くなり、また金額的にも一番高価です。

 

BSアンテナ・CSアンテナ

地上波放送のUHFに対して、BS・CSは衛星放送のことです。どちらも赤道上空、約3万6千kmの静止衛星を利用して放送電波を送信します。
BSはBroadcasting Satellites(放送衛星)、CSはCommunication Satellites(通信衛星)の略で、それぞれ別の衛星です。
両方とも同じ方角にあるため両方に対応しているアンテナであればひとつのアンテナで受信することができます。
ですがUHFアンテナでBS・CS放送を受信することはできません。
現在UHF・BS/CSを全部一つのアンテナで受信することはできないので、BS/CSを見たい場合には必ず丸いパラボラアンテナを設置しなくてはなりません。
BS/CSのどちらも受信できるアンテナがある分少々こんがらがってしまうかと思いますが、「地上波」か「衛星放送」かの違いだと考えてください。

両衛星は南西方向にあるので、周辺に大きなビルなど障害物がないことも確認が必要です。
それ以外には、アンテナをテレビに繋げるためのBS/CS対応アンテナケーブルと、チューナー内蔵のテレビが必要です。
最近のテレビはほとんどがチューナー内蔵型ですが、もし内蔵型でなかった場合には別途用意する必要があります。

BSは地上波放送と似ておりドラマやニュースなどをメインとした番組構成であることに対し、CSはスポーツやアニメなど各専門チャンネルが多いという特徴があります。
またBSはNHKの受信料は多少高くなりますが無料で見られるチャンネルがいくつかあります。これに対しCSはほとんどのチャンネルが有料契約をしなければ見られません。
受信料や契約料、番組の内容などもきちんと確認してからどれと契約するかを考えてみてください。

まとめ

地デジのアンテナにいくつも種類があることを知らなかったという方も多いでしょう。
アンテナを自分で設置したり頼んだりするのは、きっと一生に片手ほどあるかないかの方が大半です。
だからこそ出来るだけ一度で完結して欲しい工事の一つではないでしょうか。
きっと悩まれる方もいればそんなに悩まない方もいるかと思いますが、何かの機会に調べているとしたら覚えているといつか役に立つかもしれません。
もちろん知らなくても大半の業者はきちんと説明をしてから工事に入りますので安心してください。

見たい番組、外観への影響、電波の強度など考える材料は色々ありますし、なにを優先事項に据えるかは一人ひとり違うでしょう。
そんな時には一度プロにきいてみるのも手だと思ってください。
金額面や工事の内容、日程などお話できる部分がありますのでお気軽にご連絡くださいね。

アンテナ工事のプロ集団地デジやドットコム

無料相談受付
最短2分で予約完了即日工事OK!